介護・福祉施設における場合

トランシーバーがあると便利な業種は、決して少なくありません。こまめに情報のやりとりを行うことが、業務効率アップのカギとなるでしょう。

今回は、近年そのニーズが高まっている、介護・福祉施設での業務に無線機をおすすめする理由について解説していきます。介護の仕事は大変なことも多いもの。だからこそ、チームとしての連携が非常に重要なポイントとなります。

トランシーバーを活用することで利便性がアップすると思われる側面や、その活用シーン、おすすめの機種について紹介していきます。

介護・福祉施設での業務に無線機をおすすめする理由

介護・福祉施設での業務に無線機をおすすめする理由

現代の介護・福祉施設において、慢性的な問題となっているのが人手不足です。介護・福祉のお世話に欠かせないのは、マンパワーです。しかし人が一人でできることには限界があり、「介護の仕事はきつい」「給料が安い」といったイメージから、敬遠されてしまいがちという特徴があります。

とはいえ、人手が足りないからといって、現場での仕事の数がすぐに少なくなるわけではありません。ほとんどの施設においては、「人手が足りないシチュエーションにおいても、スタッフ同士の連携や協力によってなんとか乗り切っている」という実情があります。

だからこそ便利に使えるのが、無線機です。スタッフ一人一人がトランシーバーを保有していれば、気になる点や助けが必要な点について、すぐに周囲と連携が取れます。自分一人で業務を背負い込むことが無くなれば、精神的にも肉体的にも楽になるポイントが増えることでしょう。

これまでは、スタッフ間の連絡にもナースコールが使われるケースも少なくありませんでした。これもスタッフ同士が迅速に情報共有するための工夫なのですが、「コールが鳴った段階では、相手がスタッフなのか入居者・患者さんなのかわからない」といったデメリットが存在していました。コールの数が増えることで、それに応対するスタッフの負担も大きくなってしまいます。

スタッフ間の連絡には無線機を使うことにすれば、ナースコールを使った連絡は、入居者・患者さんからのみに絞り込むことができるでしょう。コールが鳴ったときでも、迅速に対応することができます。

「スタッフ間の連絡には携帯電話を使う」という方法をとることも可能ですが、この場合、連絡するごとに通話料がかかってきてしまいます。コストアップの要因にもなりかねません。また携帯電話の場合には、全てのスタッフに一括で情報を送信することもできませんし、「電話を鳴らす」「電話を取る」というひと手間も発生してしまいます。

介護・福祉の現場においては、「両手がふさがっている状態のまま、周囲のスタッフに連絡を取りたい」と思うようなシチュエーションも、決して少なくありません。トランシーバーであれば、このような場面にも安心して対応できることでしょう。

大変なことも多い業界だからこそ、「いつでも周囲の人に助けてもらえる」と思えることは、円滑に作業を進めていくために重要なポイントとなります。「スタッフ全員で一つに仕事に取り組んでいく」という意識も、ごく自然に備わっていくでしょう。

介護・福祉施設での業務における無線機の活用シーン

介護・福祉施設での業務における無線機の活用シーン

では介護・福祉施設での業務における無線機の活用シーンには、どのようなものがあるのでしょうか。2つの事例を紹介します。

新人研修での活用

介護・福祉業界においても、新人を育てる仕組みを作ることは非常に重要なポイントとなります。人手不足が問題になりがちな業界だからこそ、上手に育て、戦力を増やしていきたいところです。

とはいえ、慢性的に人手不足に悩まされている業界だからこそ、「新人研修を手厚く行うのが難しい」という特徴もあります。一人一人の新人に対して、手厚くフォローできる体制が理想なのですが、現実には難しい……というケースも少なくありません。

こんなときにも活用できるのが無線機です。新人さんにもトランシーバーを持たせ、困ったこと迷ったことがあれば、いつでもすぐに先輩に確認できる体制を整えておくことで、業務中の安心感にもつながります。いつでもサポートできる体制を整えることで、長く勤務してもらえる可能性が高くなるでしょう。

緊急時にも素早く対応

災害が起きたときには、介護・福祉の現場においては、通常よりも素早く対応することが求められます。介護が必要な方を移動させたり介助したりすることには、手間も時間もかかってしまいます。「施設を離れて避難する」となれば、非常に大きな負担が発生すると共に、時間との勝負でもあります。

こんな場面においても、無線機は大活躍してくれます。スタッフ全員が、それぞれの持ち場に関する情報を瞬時に共有することができます。作業を行っていく上で、流れが滞りがちなポイントは、どうしても出てきてしまいます。無線機があれば、そのポイントに関する情報を共有し、そこに助っ人を集めることもできるでしょう。

また避難所が分かれたときでも、その場ですぐに人数の確認を行うことができます。逃げ遅れの発生を防ぐことにもつながるはずです。入居者・患者さんの安全確保といった側面からも、ぜひ無線機の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

介護・福祉施設での業務におすすめの機種

介護・福祉施設での業務におすすめの機種

では実際に、介護・福祉施設で使う際に利便性の高い機種には、どのようなものがあるのでしょうか。おすすめの機種を、具体的に紹介します。

CL70A【モトローラ(MOTOROLA)】

小型軽量サイズを売りにした、特定小電力トランシーバーです。IPX7の防水規格とIP6Xの防塵規格をクリアしており、水やほこりが多い環境においても、安定して使用することができます。特に水については、介護・福祉の現場において、切っても切り離せないもの。防水性能が優れていれば、濡れた手でもすぐに通信を開始できます。単三アルカリ乾電池1本で、約33時間使えるという手軽さも魅力の一つと言えるでしょう。

電波の飛びは、市街地屋外300m程度、郊外500m程度、障害物なし見通し1km以上です。「大型の施設内で、どこでも自由に活用したい」というシチュエーションよりは、「小規模施設での使用」や「使用するフロアが限定的」といった場面で活躍してくれます。

購入やレンタルもしやすい機器なので、手軽にトランシーバーの導入を検討できます。

MiT7000【モトローラ(MOTOROLA)】

人気の高い、モトローラ製のデジタル簡易無線免許局です。音質が良く、また電波の飛びも良いため、通信を行う際にストレスを感じにくいと言えるでしょう。

電波の飛びは、市街地1km程度、郊外2km程度、障害物なし見通し10km以上で、IPX7の防水規格、IP6Xの防塵規格に対応しています。出力5W無線機の中でも、特に電波の飛びが良い製品として知られていて、介護・福祉現場以外においても、重宝されている機種となります。

個別呼び出し、グループ呼び出し、一斉呼び出しが可能なので、状況に合わせて使用可能。また厚さ30mm、重さ240gの薄型軽量タイプなので、介護の現場で活躍する女性たちが長時間身につけていても、負担になりにくいという特徴があります。

介護・福祉の現場は無線機の活用でよりストレスフリーに

介護・福祉の現場においては、人と人とが直接関わることになります。このため、仕事の大変さを実感したり、ストレスを抱え込んでしまったりする方も決して少なくありません。しかし仕事そのものはやりがいがあり、「介護の仕事をずっと続けていきたい」と考える方も多くいます。

介護の仕事による負担を少しでも軽減するためには、チームで仕事をする意識を持つことが大切です。トランシーバーや無線機を活用すれば、スタッフ同士がいつでも手軽に連携することが可能なので、個々の負担を軽減することができるでしょう。状況に応じてピッタリの機種を選択し、レンタル・購入についても検討してみてください。

TOPへ戻る

TOPへ戻る

販売ランキング
IP無線比較
IP無線専門会社無料診断

失敗しない!
レンタル無線機の選び方

無線機の基礎知識

シチュエーション別
無線機の活用事例

IP無線機の導入事例

IP無線専門会社の選び方

安心と実績で評判の
無線機レンタル会社ランキング