災害で役立つ!IP無線機「SoftBank 801KW」のメリット・デメリット

災害で役立つ!IP無線機「SoftBank 801KW」のメリット・デメリット

自然災害は何の予告もなく発生するもの。このような災害時には必ず家族や友人などの安否確認を行うと思います。そして、多くの方は連絡手段として固定電話、または携帯電話で連絡を取り合うことを考えていることでしょう。

しかし、災害時は回線が込み合ってしまうため、安否を確認できるまでに長時間かかってしまうことは少なくありません。そんな災害時にオススメされているのがIP無線機「SoftBank 801KW」です!

とは言え、連絡手段として携帯電話や固定電話を考えていた方の多くは、「IP無線機って何?」と疑問に感じている方は多いはず。そこで、今回は災害時に役立つIP無線機の特徴やSoftBank 801KWのメリット・デメリットについてご紹介していきます。災害の多い地域に住んでいる方は、ぜひこちらの記事を参考にして災害に備えてみてください。

IP無線機ってどんなもの?

IP無線機ってどんなもの?

今回ご紹介する「IP無線機」は、携帯電話回線を使って通信ができる機器のことで、フューチャーフォンのような見た目をしているものです。そして、通信に使用する回線は携帯電話回線となっていて、音声や音などはパケットデータに変換されてスムーズな通信ができるシステムとなっています。

つまり、通常の回線を使用しないため、回線が込み合う心配がなく、緊急時でもスムーズに連絡ができるのです。また、IP無線機は携帯電話や固定電話とは違い、チャンネルを合わせておけば1回の通信で複数の人と連絡を取り合うことが可能。ちなみに、通信ができる範囲は携帯電話が使用できる範囲内であれば、全国どこでも相手と通信することができます。

そのため、離れた場所に家族が住んでいるという方でも、お互いがIP無線機を持ってさえいれば災害時でもお互いの安否確認ができるんですよ!地域によっては災害が発生しやすいところがあるので、そのような地域に家族が住んでいると心配だと感じる方は多いでしょう。IP無線機はそのようなときにとても役立つ通信機器となっています。

また、災害時だけでなくビジネスシーンでの活用にも便利な機器でもあります。特に接客中にスタッフと連絡を取り合う場合、携帯電話を使うよりもスムーズに必要事項を確認できますし、「対応に力を入れている」とお客さんからの見た目も好印象になるからです。

災害時にオススメ!「Softbank 801KW」

IP無線機には携帯電話と同じくさまざまな機種がありますが、その中でも「SoftBank 801KW」は災害で役立つおすすめの機器だといわれています。というのも、災害が起きたときの環境は非常に過酷な状態となっていますが、この機種には「耐衝撃性能」「耐振動性能」が搭載されているから!

さらに、「防水性能」「防塵性能」なども搭載されているので、悪天候の中でも問題なく使用することができます。また、ディスプレイには感圧式のタッチパネルを採用しているので、手袋をしたままの状態でも操作することができる機種となっています。

自然災害は突然起きることが多いので、季節によっては冬の寒い時期に災害の被害にあう可能性もあります。そのため、SoftBank 801KWのような高性能な無線機は、災害時にとても役立つ機器といえるでしょう。

他にも、災害が起きた際はバラバラに避難したとき、または避難に遅れた場合は離れ離れになることも少なくありません。しかし、この機種はGPS機能も使用することができるので、すぐに居場所を特定することができるでしょう。

ちなみに、GPS機能の使用は位置情報サービスの加入が必要になるので、必要であれば事前にサービスへの加入を行っておいてくださいね!また、災害からの被害を未然に防ぐ「緊急速報メール」の通知を受けることもできます。

このメールは気象庁や地方公共団体か配信する警報や災害情報なので、通知を受けることでいち早く非難することができます。高齢者や小さなお子さんのいる家庭は避難に時間がかかると思いますので、緊急速報メールはとても役立つサービスだと言えるでしょう。

「SoftBank 801KW」を使用するメリット・デメリットとは?

「SoftBank 801KW」を使用するメリット・デメリットとは?

前章では災害時にオススメする「SoftBank 801KW」の特徴をご紹介しましたが、使用するメリットやデメリットには何があるのでしょうか?ここでは、使用するにあたっての具体的なメリット・デメリットについてまとめてみました。

主な使用メリットは3つ!

災害で役立つ主な使用メリットには、以下のようなものがあります。

  • 広い範囲で通信することができる
  • どんな状況でも繋がりやすい
  • 操作が簡単で誰でも使いやすい

IP無線機は携帯電話が使用できる範囲内であればどこでも使用可能です。そのため、広い範囲でも通信することができるので、離れた場所に暮らす家族や避難時に離れてしまった家族と通信することができます。

また、音声通信はパケットデータ通信に変換されるシステムなので、携帯電話で音声通話をするよりも回線が込み合いにくくなっています。ですので、どんな状況でも連絡を取りたい相手と繋がりやすいというのは大きなメリットになるでしょう。

しかし、使用する機器自体の操作が難しいものになると、緊急を要する災害時には不便なアイテムになります。ですが、ご紹介している機種は操作が簡単で誰でも使いやすい仕様になっているのもメリットの1つです。

通信料の発生が唯一のデメリット

どんなものにも少なからずデメリットというものはあります。「SoftBank 801KW」の場合は、パケット通信料が発生することが唯一のデメリットになると言われています。携帯電話で音声通話を行えば通話料金が発生しますが、IP無線機の場合は音声通話をパケット通信で行うため、パケット通信料として費用が発生します。

また、無線機は購入とレンタルによって使用できる機器ですが、レンタルの場合は当然ですがレンタル料金が発生します。ビジネスで利用する場合はパケット通信料に加えてスタッフの人数分のレンタル料金が発生することになるので、コスト面でデメリットを感じるかもしれません。

「SoftBank 801KW」は災害に役立つオススメ機器

IP無線機にはさまざまな機種がありますが、今回ご紹介している「SoftBank 801KW」は高性能な機器なので、過酷な災害時の状況でも問題なく使用できます。また、誰でも使いやすい操作性となっているので、緊急時でも素早く連絡を取ることができるでしょう。

しかし、使用コストとしてパケット通信料、レンタルであればレンタル料金が発生するといったデメリットもあります。ご紹介したメリット・デメリットをしっかりと理解して、それでも必要だと感じる方は、「SoftBank 801KW」をぜひ利用してみてください。

TOPへ戻る

TOPへ戻る

無線機レンタル会社 販売総合ランキング
IP無線機専門会社徹底比較ランキング
レンタル会社ランキング
販売ランキング
IP無線専門会社無料診断

失敗しない!
レンタル無線機の選び方

無線機の基礎知識

シチュエーション別
無線機の活用事例

IP無線機の導入事例

IP無線専門会社の選び方

IP無線販売会社一覧

IP無線レンタル会社一覧