気になる料金体系

画像

一般的な料金設定

IP無線機を使う時の通信料金は定額プランが主流ですので、通信時間によって料金が高くなってしまう心配はありません。無線機を購入したときに月々発生するのは固定の通信料金だけです。レンタルしたときは通信料金+無線機レンタル料が毎月発生します。また、GPS機能を利用するときはオプションで利用料金がプラスになります。標準のレンタルセットの中に、予備バッテリーやヘッドセットが含まれていないときには、その分のレンタル料が加算されることもあります。購入またはレンタルといった方法ではなく、リース扱いにして初期費用を抑えることも可能です。リースについては、取り扱っていない場合もありますので、最終的な料金は比較サイトなどを参考にして、直接無線機取り扱い会社へ問い合せして、見積金額を出してもらいお得に使いましょう。

キャンペーンや中古販売で賢く利用する

IP無線機の販売会社によっては、無線機の中古販売を行っていたり、古い無線機の買取を行っていることもあります。たとえば、現在使っている無線機があれば業者が指定している機器へ買い換えると本体の購入価格をディスカウントしてくれるキャンペーンを実施しているケースや、指定台数以上を購入すると特別プレゼントなどの特典が付いていたり、初期費用が免除されるケースもあります。IP無線機は最近注目されているので、購入またはレンタル商品のキャンペーンを行っていることが多いです。販売を行っている会社の場合には、リユースの無線機やバッテリ、アクセサリを購入できることがありますので、少しでも出費を抑えたいと考えている方は、販売状況やキャンペーンなどを調べて、お得になるサービスを賢く利用しましょう。

失敗しないためにテスト運用は必須!

業務用の利用で無線機を本格的に活用する場合には、購入する前にまずレンタルで無線機をテスト運用して操作感や機能を確認しておくと、IP無線機選びがスムーズになります。事前に試験運用することで、本当に必要な台数の確認や大体の使い勝手がわかり本運用に備えて最終的な利用状況を確定でき、安心して購入することができるというメリットがあります。購入後にやっぱり必要がなかったという状況になっても返品はできませんから、お試しで運用してみるのはとてもいい方法です。
購入ではなくレンタルする場合も、リハーサルのためにIP無線機を借りられるサービスがあります。販売会社がお試し用の機材を無料または有料で貸し出しているサービスです。それを事前利用することもお勧めです。ただし、貸し出される台数や利用日数の制限がありますので、あらかじめそれをチェックして納得してから利用しましょう。"

TOPへ戻る

TOPへ戻る

販売ランキング
IP無線比較
レンタル会社ランキング
販売ランキング
IP無線専門会社無料診断

失敗しない!
レンタル無線機の選び方

無線機の基礎知識

シチュエーション別
無線機の活用事例

IP無線機の導入事例

IP無線専門会社の選び方

IP無線販売会社一覧

IP無線レンタル会社一覧