【メーカー比較】アイコム(ICOM) のトランシーバー

日本発の無線機メーカーとして、世界で活躍するのがアイコム(ICOM)です。私たち日本人にとっては、非常に馴染み深いメーカーの一つだと言えるでしょう。

アイコムの特徴と共に、アイコムから発売されている製品の中で、特におすすめのトランシーバーについて紹介していきます。トランシーバー用のアクセサリ情報など、アイコムのトランシーバー・無線機を扱う上で知っておきたい情報をまとめるので、ぜひ参考にしてみてください。

アイコム(ICOM) の特徴

アイコム(ICOM) の特徴

アイコム(ICOM)は、1954年に京都で誕生した無線機器メーカーです。当時は、電子機器組立業を営む「井上電機製作所」という会社でした。その後1978年に、アイコム株式会社へと社名を変更しています。

アイコムの企業理念は非常にわかりやすく、「常に最高の技術集団であれ」という社是のもとで、日々開発に取り組んでいます。優秀な技術者が多く在籍しており、それはアイコムの製品作りにおいても十分に活かされてきました。当初はアマチュア無線を取り扱っていましたが、その後業務用無線やレジャー無線へも順調に手を広げていきます。

現在では、日本企業ならではの堅実なモノ作りへの姿勢が評価され、無線機業界で世界シェアトップ5に食い込むほどの実力を身につけています。モトローラやJVCケンウッドといったトップ企業と比較しても遜色のない安定性の高さが、アイコムならではの魅力と言えるでしょう。

そんなアイコム社製の無線機・トランシーバーの魅力は、ずばりバランス力の良さにあります。無線機メーカーには、それぞれ特徴や個性がありますが、アイコムの場合は「全体的に使いやすい」という点がもっとも特徴的なポイントであり、またファンに支持されているポイントでもあります。音質や使い勝手、耐久性など、トランシーバーに求める性能は人それぞれで異なりますが、どれか一つでも大きく欠けている場合、総合的な満足度は低くなってしまうでしょう。アイコム製品の場合、このようなバランスの悪さで悩まされることはありません。

他社製品と比較すると、決して派手さはありませんが、非常に堅実でユーザーの心に寄り添った製品であると言えるでしょう。アイコムの製品はどれもシンプルですが、そのバリエーションは豊富です。それぞれが、自分の状況に合った一台を取り入れられるよう工夫されています。「とにかく使いやすいトランシーバーが欲しい」と願っている方は、ぜひアイコム製品を検討してみてはいかがでしょうか。

アイコムが販売するトランシーバーは、スタンダードなものが多く、初心者にとっても扱いやすいです。価格設定も全体的にリーズナブルなので、コストパフォーマンスの良さを追求したい方にもおすすめできます。

アイコム(ICOM) のおすすめトランシーバー

アイコム(ICOM) のおすすめトランシーバー

派手なブランドイメージはなくても、スタンダードな製品で普通に使いやすいという点が、アイコム(ICOM)製品の特徴です。今回はその中でも、特に人気の高い機種を3つ紹介します。

IC-4300

アイコム製の人気特定小電力トランシーバーです。お手頃価格で購入できるにも関わらず、IP55防水、防塵性能を誇り、また単三電池一本で、約33時間も稼働させられます。

本体重量は93gと超軽量で、小型サイズで女性にとっても扱いやすく設計されていますが、使い勝手にこだわった各種機能はたっぷりと詰め込まれています。一斉通信、グループ通信が可能なほか、イヤホンが断線していることを使用者に教えてくれる断線検出機能、通話中の雑音を軽減してくれるコンパンダー機能も搭載されています。

出力は0.01Wで、手軽に利用できる分、範囲は限られています。市街地屋外の場合は300メートル程度が目安となるので、クリニックや介護施設、漫画喫茶やアパレルショップといった場所での活用がおすすめです。

IP501H

こちらは、「au 4G/LTE」と「ドコモ 3G/LTE」の両回線に対応しており、まるで携帯電話のように日本全国どこでも情報をやり取りできるIP無線機です。通信範囲に制限がなくなることで、より幅広い活用シーンに対応できます。

IP501Hの特徴は、一度の送信で多人数に一斉通話ができることです。人数制限なしで同時通話をすることも可能なので、スピーディーな情報共有にも役立ってくれることでしょう。半角32文字、全角16文字の文字メッセージの送受信機能が付いているほか、着信をバイブレーションで知らせることもできます。トランシーバーと携帯電話、それぞれの良いところを組み合わせて取り入れられる製品です。

IC-DPR7

デジタル簡易無線登録局に分類される無線機で、簡単な登録のみで使用可能です。高さ92ミリ、幅56ミリ、奥行き29ミリ、重量230グラムという小型・軽量アイテムで、高出力ながら負担なく使用できる機器となっています。

こちらの製品は800mWの大音量スピーカーを採用しており、これはデジタル簡易無線トップクラスとなっています。たとえば工事現場や飛行場近辺といった騒音が気になる場所においても、会話の内容が聞き取りやすいように工夫されています。IP67/66/55/54の防塵・防水性能があるので、屋外においても安心して使用できることでしょう。

ノイズキャンセリング機能や一時音量切り替え機能、エマージェンシー機能にオートキーロック機能など、利用者の操作性を向上するための機能も多数搭載されています。安心して使用できる無線機を求める方に、人気のアイテムとなっています。

アイコム(ICOM) のトランシーバー用アクセサリ

アイコム(ICOM) のトランシーバー用アクセサリ

次はアイコムのトランシーバー用アクセサリについて、具体的に紹介していきます。アイコムのトランシーバーをより快適に使用したいと思うときには、ぜひ以下のようなアイテムの導入を検討してみてください。

  • イヤホンマイク
  • スピーカーマイク
  • ヘッドセット
  • イヤホン
  • マイク
  • アダプタ
  • ケーブル
  • 充電池(バッテリー)
  • 充電器(チャージャー)
  • ACアダプタ
  • キャリングアクセサリ
  • ベルトクリップ
  • アンテナ
  • 外部スピーカー
  • ネットワーク機器

アイコムのトランシーバーの操作性を向上させたい場合に、まず必要となるのがイヤホンやマイクです。両者がセットになっているもののほか、装着した際の負担が軽減できる製品などが人気を集めています。また利用状況によっては、マイクとイヤホンのどちらかのみで十分というケースもあるでしょう。アイコム製トランシーバーのアクセサリの種類は非常に豊富なので、自分の用途にぴったりなものを見つけられるはずです。

またアイコムのトランシーバーの中には、電池を使って動かせるものも多いですが、継続的に使用する場合には充電池(バッテリー)と充電器(チャージャー)があると便利です。アクセサリを導入するための初期コストはかかりますが、長い目でみた場合のランニングコストが軽減できます。

具体的にどのようなアクセサリが必要になるのかは、それぞれの状況によって異なるものです。まずはレンタル機器で使い勝手を確かめた後に、必要なアクセサリについて検討するのもおすすめです。

堅実なモノ作りの姿勢で世界的評価を受けるアイコム

日本からスタートした無線機器メーカーのアイコムは、世界市場においても多くのファンを獲得しています。企業やブランドのイメージとしては、モトローラやJVCケンウッドの方が上かもしれませんが、「顧客の使い勝手の良さにこだわる、バランスの良い製品づくり」という側面から見ると、アイコムの魅力は非常に高いものだと言えるでしょう。

特に初めて無線機を導入する場合には、凝ったトランシーバーを導入しても使いこなせない可能性があります。その点アイコムの製品であれば、シンプルな作りと使い勝手の良さにこだわっていますから、製品を持て余してしまうようなこともありません。

コストの面から見ても、アイコムのトランシーバーは購入しやすいと考えられます。初めての無線機選びにおいて、メーカー選択で悩んだときには、ぜひアイコムについても積極的に検討してみてください。シンプルな中にも、バランスの良さを見つけることができるでしょう。

TOPへ戻る

TOPへ戻る

販売ランキング
IP無線比較
IP無線専門会社無料診断

失敗しない!
レンタル無線機の選び方

無線機の基礎知識

シチュエーション別
無線機の活用事例

IP無線機の導入事例

IP無線専門会社の選び方

安心と実績で評判の
無線機レンタル会社ランキング