【メーカー比較】アルインコ(ALINCO)のトランシーバー

無線機やトランシーバーの購入、レンタルについて考えたときには、「どのメーカーの製品を選べば良いのか」という点で悩む方も少なくありません。どれも同じと思われることも多いですが、実際には、どのメーカーの、どの製品を選択するのかによって、使い勝手や性能は大きく変わってくるものです。

自分に合った無線機やトランシーバーを選択するためには、まずそれぞれのメーカーの特徴を知りましょう。今回はアルインコ(ALINCO)について、その特徴や製品について紹介していきます。

アルインコ(ALINCO)の特徴

アルインコ(ALINCO)の特徴

アルインコは、無線機やトランシーバーのほか、建設機材やエクステリア製品、そしてフィットネスアイテムなど、さまざまな製品を世に送り出しているメーカーです。その前身は井上鉄工所であり、アンテナ用のタワーを製造していたことでも知られています。

アルインコでは、さまざまなタイプの特定小電力トランシーバーやデジタル簡易無線機などを取り扱っていますが、他社製品と比較して個性的なアイテムが多いと言われています。自身の活用シーンを明確に思い描いていて、それにぴったりのトランシーバーや無線機を求めている際には、アルインコ製品に目を向けてみることで、満足度を高めることができるのかもしれません。

アルインコの製品は、他社製品よりも高機能であるだけではなく、低価格であることにも強くこだわっています。どれだけ良い製品であっても、高価すぎて使えない製品では意味がありません。無線機やトランシーバーは、業務上必要になって導入するケースも多いのですが、この場合、複数台を同時に導入することで初期コストが非常に大きくなってしまうことも考えられます。このような場合においても、比較的低コストで導入・使用スタートできるのが、アルインコの特徴だと言えるでしょう。

トランシーバーや無線機の価格が他社よりも安い場合に気になるのが、アフターサービスについてですが、アルインコの場合はこちらも心配ありません。手厚いアフターサービスを提供し、利用者が安心して機器を活用できる環境作りにもこだわっています。製品のトラブルや部品について困ったときには、フリーダイヤルで気軽に相談できる環境が整っていますし、修理やメンテナンスもしっかりと引き受けてくれます。出荷が停止となった古いアイテムについても、最低5年間は修理・メンテナンスのための環境を維持し、アフターサービスを受け付けています。

個性的なトランシーバーや無線機を次々と打ち出すアルインコですが、その質の高さやアフターサービス、そして費用の安さが市場全体で受け入れられ、根強いファンを非常に多く獲得しています。

とはいえ、アルインコならではの個性が、自分にとって使いやすいものかどうかは、実際に運用を開始してみなければわからないポイントでもあります。アルインコ製のトランシーバーや無線機が気になったときには、購入前にレンタルでその使用感を確かめてみてはいかがでしょうか。アルインコならではの特徴をじかに体感した上で、自分にとってベストな無線機・トランシーバー選びができるはずです。

アルインコ(ALINCO)のおすすめトランシーバー

アルインコ(ALINCO)のおすすめトランシーバー

アルインコ(ALINCO)からは、さまざまな無線機アイテムが販売されています。中でも人気が高いのは、特定小電力トランシーバーです。おすすめ製品を紹介するので、レンタル・購入を検討する際のヒントとして活用してみてください。

DJ-PX5

高さ52.6ミリメートル、幅41.6ミリメートル、奥行17.2ミリメートルという情報からもわかるとおり、トランシーバーの中でも超小型に分類される製品です。その重量は、内臓電池とクリップを含めてもわずか50グラムで、誰でも手軽に扱うことができます。小型ではありますが、ポリカーボネートを使って作られていることで、高い堅牢性を誇っています。

DJ-PX5は、アルインコのラペルトークシリーズの一つに分類されています。ラペルトークとは「ジャケットの襟」と「話す」という二つの言葉を組み合わせて作られたシリーズ名で、本体そのものを胸元に取り付けることで会話ができる、超小型インカムの総称となっています。DJ-PX5も、もちろんこうした性質を受け継いでおり、各種クリニックや美容院などで、スタッフ同士が手軽に連携を取るために使用されているケースが多いようです。

ブラックやシルバーといった定番色のほか、アクアブルーやピンクといった、可愛らしいカラーが揃っているのも、こちらの製品ならではの特徴です。クリニックでスタッフが着用する制服との相性も良く、見た目で周囲に威圧感を与えるようなこともありません。

内蔵リチウムイオンバッテリーで約25時間稼働させられるほか、50トーンのグループ機能、通話終了時のストレスを軽減してくれるテールノイズキャンセラー機能などが搭載されています。小型・軽量であっても機能性には十分こだわっており、快適に使用できるトランシーバーだと言えるでしょう。

DJ-DPS70

こちらはデジタル簡易無線登録局に分類されるトランシーバーです。小型軽量サイズで使い勝手の良さはもちろんのこと、防水IPX7、防塵IP6Xと、過酷な環境下でも活用できる品質となっています。

特定小電力トランシーバーと比較すると、5Wという高出力が魅力で、電波の飛びは市街地で1キロ程度、郊外の場合は2キロ程度です。障害物なしの見通しが良いエリアでは、10キロ以上飛ばすことも可能となっており、安定した通話をしたい方にもおすすめの製品です。

DJ-DPS70は、AMBE方式のコーデックを採用することで、他社のデジタル簡易無線登録局との通信も可能にしています。すでに他社製品の無線機を導入している事務所や事業所において、買い増しを検討する際にもぴったりの一台だと言えるでしょう。アルインコらしく低コストで導入できる点も、メリットの一つです。

約35分間の録音が可能な通信録音機能やショートメッセージ機能など、アルインコならではの個性的な機能も多数搭載されていて、これまでの無線機とは違った感覚で使用することもできるでしょう。さまざまなシーンで活用してくれる一台です。

アルインコ(ALINCO)のトランシーバー用アクセサリ

アルインコ(ALINCO)のトランシーバー用アクセサリ

アルインコのトランシーバーには、以下のようなアクセサリがあります。これらのアイテムを組み合わせて使用することで、使い勝手も大幅に向上するでしょう。

  • イヤホンマイク
  • スピーカーマイク
  • ヘッドセット
  • イヤホン
  • マイク
  • アダプタ
  • ケーブル
  • 充電池(バッテリー)
  • 充電器(チャージャー)
  • ストラップやハードケース
  • ベルトクリップ
  • アンテナ
  • 特定小電力トランシーバー無線中継器

アルインコのトランシーバーを使用する場合には、必要な付属品もそろえる必要があります。レンタルで活用する場合、専用アクセサリも一括で借りることができるお店を選択すれば、レンタル後の手間を軽減できることでしょう。

レンタルであれば、自分にとって必要なもの、不必要なものを見極めやすくなるはずです。使用してみた上で、ベストなアクセサリを選択してみてください。

個性的でお得なトランシーバーを探すならアルインコがおすすめ

トランシーバーや無線機を販売するメーカーの中にも、いろいろな特徴を持った企業が存在していますが、その中でもアルインコは、他社にはない個性で、人気商品を次々と生み出しているメーカーだと言えます。また個性的であるだけではなく、コスト面や安心して使用できる仕組みづくりにも力を入れて取り組んでいて、こうした側面からも、数多くのユーザーに支持されていると言えるでしょう。

アルインコのトランシーバーがおすすめなのは、以下の条件に当てはまる方々です。

  • できるだけ安くトランシーバーや無線機を導入したい
  • 活用シーンや使い方がはっきりしていて、それをかなえてくれる製品を見つけたい
  • サポートが充実している会社の製品を選びたい

アルインコは、こうしたユーザーの声に応えてくれるメーカーだと言えます。今回紹介した情報も参考にしながら、理想の一台を探してみてはいかがでしょうか。

TOPへ戻る

TOPへ戻る

販売ランキング
IP無線比較
IP無線専門会社無料診断

失敗しない!
レンタル無線機の選び方

無線機の基礎知識

シチュエーション別
無線機の活用事例

IP無線機の導入事例

IP無線専門会社の選び方

安心と実績で評判の
無線機レンタル会社ランキング