無線機の種類

画像

そもそも無線機って何?

そもそも無線機とはどういうものか?から説明しましょう。無線機といえば送信の機能だけを持っている「トランシーバー」が一般的です。
トランシーバーの一番大きな特徴は、電話とは違い送信ボタンを押すだけで複数の相手へ一度に連絡が取れることです。トランシーバーを持っている人同士でチャンネルを合わせておけば、電話番号を覚える必要はありません。さらに嬉しいのは通話料金がかからないこと。業務で大人数で毎日使うようなときは通話料金のコストダウンができて大助かりです。

無線機には、業務目的で使用する「業務用無線」と、個人の趣味や楽しみで使用する「アマチュア無線」があり、それぞれに使用機材や使用範囲が決められていて、免許や無線局の開局申請が必要になります。アマチュア無線は仕事では使うことはできません。最近では免許不要で使える無線機も多く登場し、無線機の種類が多くなってきました。無線機の詳しい種類については、以下の項目で詳しく説明していきます。

無線機といえばコレ!トランシーバー

"前述したように無線機にはいろいろな種類がありますが、トランシーバー(送受信機)は電波が届く範囲が限られていて、免許不要で使うことができるため、一般的によく使われている無線機です。運動会などのイベントや電話の電波が届かないような場所でもグループ内で通話できます。
受信機(レシーバー)は音声を受け取るだけ、送信機(トランスミッター)は音声を送るだけで受信できない無線機ということも覚えておきましょう。"

無線機の新たな定番IP無線機

最近は携帯電話の回線を使うため免許が不要で広範囲で通信できる「IP無線」が増えてきました。携帯電話網(3G・4G・LET)を利用し、これまでの無線機のように無線局の開局や申請、資格者を配置する必要がなく、用途の制限もありません。GPS機能があるIP無線機もあり、パソコンやスマートフォンと連動してリアルタイムに位置表示を用途に使うなど、利用方法が多彩になっています。

手続き不要の特定小電力無線機

特定小電力無線機は、弱い電話を発信し近距離用で使われる「特定小電力トランシーバー」のことです。免許が必要にならないので、幅広い用途で使われています。デメリットは電波が弱いため場所によって音声が途切れたり、チャンネルがふさがっていたり、混信の可能性があることです。軽量タイプが多いので人気がありますが、緊急性や秘匿性が求められるシーンでは使わない方がいいでしょう。

交信距離が延長可能なデジタル簡易無線機

デジタル簡易無線機は、免許局や登録局の申請が必要ですが、その分高出力でクリアな音声で話すことができます。チャンネル数も豊富で、混信の可能性が低く、信頼性が高いのが特徴です。業務用に使う周波数帯は460MHz、業務・レジャーで使用する周波数帯は351MHzと決められています。最近は、申請の手続きが簡単になってきたため、以前よりも手軽に使えるようになりました。

全国を網羅するMCA無線機

遠距離用業務無線(MCA:マルチチャンネルアクセス)は、電波が強いタイプの無線で遠距離で使えます。広範囲で使うために制御局通して電波を中継するMCA(通信システム)を使っています。遠距離での使用に最適ですが、使用には免許が必須です。地方自治体や消防、運送業の連絡などに使われています。

TOPへ戻る

TOPへ戻る

販売ランキング
IP無線比較
IP無線専門会社無料診断

失敗しない!
レンタル無線機の選び方

無線機の基礎知識

シチュエーション別
無線機の活用事例

IP無線機の導入事例

IP無線専門会社の選び方

安心と実績で評判の
無線機レンタル会社ランキング