電波法改正後の乗り換えに。無線機「MiT7000」のメリット・デメリット

電波法改正後の乗り換えに。無線機「MiT7000」のメリット・デメリット

普段から無線機を利用している方に質問ですが、2022年11月30日以降からアナログ方式の機器が使用できなくなることを知っていますか?同年12月1に電波法が改正されるため、それまでに旧規格から新しい規格の機種へ乗り換えが必要になります。

 

とはいえ、無線機にはさまざまな種類があるので、多くの方は機種選びに悩んでしまうのではないでしょうか?そんな方にオススメするのがデジタル簡易無線機「MiT7000」です!使用には免許の申請が必要ではありますが、電波法改正後に適した機種です。

 

この記事では、電波法改正後に適したオススメ無線機「MiT7000」についてご紹介していきます。使用するにあたってのメリットやデメリットについてもご紹介しているので、旧規格の無線機を利用中で乗り換えを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

電波法改正でアナログ無線機が使えなくなる

電波法改正でアナログ無線機が使えなくなる

2022年12月1日に電波法が改正されるため、アナログ無線機が使用不可になり、デジタル無線機への乗り換えが必要になります。改正まであと2年ほどの期間がありますが、乗り換えを忘れて改正後にアナログ無線機を使用すると法律に違反してしまうので注意が必要です。

 

改正の目的は電波の有効利用

2022年12月1日に改正される電波法は、あらゆる用途で利用されている電波の有効利用が目的とされています。普段から当たり前のように使用している電波は有限希少な資源の1つですし、今後もさらなる電波の利用ニーズが高くなることが予測されています。

 

また、使用不可となるアナログ無線機に比べ、デジタル無線機は高音質・低遅延といった効率の良い通信が可能。そのため、今後は積極的なデジタル無線機の利用が促進されることでしょう。

 

2022年11月30日以降に使うと罰金が発生

2022年11月30日まではアナログ無線機を使用することができますが、それ以降に使用した場合は電波法に違反することになります。違反した場合は1年以下の懲役、または100万円以下の罰金といった罰則を科せられてしまいます。

 

この電波法改正に関する情報は総務省の公式ホームページで公開されているので、現在アナログ無線機を利用している方は一度確認しておくことをおすすめします。また、記載内容だけではよくわからないという場合は、地域別に総合通信局のお問い合わせ先が掲載されているので、電話にて尋ねてみると良いでしょう。

 

デュアル方式の機器の使用は要注意!

現在デジタル無線機を使用している方は、改正後もそのまま使用することができます。しかし、使用している無線機がアナログ・デジタルの両方を使用できるデュアル方式の機器は、改正後の使用に注意が必要です。

 

誤ってアナログ方式を使用しないように、機器メーカーに改修してもらうことでデジタル方式の周波数だけを発射する無線機として使用できます。そのため、改正前には必ず機器の改修を行い、電波法を違反しないように注意してください。

 

改正後に適した無線機には「MiT7000」がオススメ!

2022年11月30日以降は、電波法改正後に対応している無線機を使用する必要があります。とはいえ、機種の乗り換えを検討していても「どの機種を選べば良いの?」「改正後に使える機種がわからない」という方は多いのではないでしょうか?

 

そのような悩みをお持ちの方は、品質が高く多くのユーザーから信頼を得ているモトローラの無線機「MiT7000」がオススメです。販売メーカーであるモトローラは、世界で初めて無線機を開発したことで有名な会社ですし、さまざまなシーンで活用できる無線機の販売を行っています。

そんなモトローラが販売する「MiT7000」は、デジタル周波数を使って通信を行う無線機なので、電波法改正後の使用に適した機器となっています。また、機器は薄型軽量タイプとなっているので、持ち運びも楽なことから長時間の使用にも最適な無線機です。

 

さらに、防塵・防水機能が付いていますし、丈夫なボディと強固な液晶ガラスを採用しているので、屋外で使用しても故障する心配がありません。別売りではありますが、専用のキャリングホルターを使用すれば、無線機をベルトに固定することができるので、楽に移動することができるでしょう。

 

デジタル無線機「MiT7000」のメリット・デメリット

デジタル無線機「MiT7000」のメリット・デメリット

「MiT7000」は高品質で信頼性の高いモトローラが販売するオススメの無線機です。デジタル周波数を使った無線機なので電波法改正後でも安心して使用することができますが、どんな製品にもメリット・デメリットがあるものです。

 

ここでは、オススメする無線機「MiT7000」のメリット・デメリットについてまとめてみました。無線機にはさまざまな機種があるので、乗り換え後に後悔しないためにもぜひ参考にしてみてください。

 

「MiT7000」のメリット

こちらの無線機は防塵・防水機能に加えて壊れにくい頑丈なボディと液晶ガラスを採用しているので、屋外でも安心して使用することができるといったメリットがあります。さらに、5段階のイコライザー機能が搭載されているので、騒音が気になる環境でも通信相手の音声をしっかりと機器取ることが可能。

 

さらに、ノイズサプレッサーが搭載されているので、イヤホンマイクの使用で発生するノイズを気にする心配もありません。その他にも、音声を発することで自動的に送信スイッチがONになる便利なVOX機能が搭載されているのもメリットの1つです。

 

「MiT7000」のデメリット

丈夫で便利な機能が搭載されている無線機ですが、使用するにはデジタル簡易無線免許局への免許申請が必要になります。無線機によっては免許不要で使用できる機器があるので、申請しなければ使用できないという点はデメリットの1つだと言えるでしょう。

 

機種を乗り換えるならデジタル簡易無線機「MiT7000」

連絡のやり取りを頻繁に行う仕事やイベント時などに便利な通信機器となる無線機。しかし、2022年12月1日からアナログ無線機が電波法改正によって使用不可になるので、改正後でも使用できるデジタル無線機への乗り換えが必要になります。

 

今回ご紹介したモトローラの無線機「MiT7000」は、電波法改正後に適した機器なので、乗り換えが必要な機種をお使いの方にとてもオススメです。信頼性の高いメーカーが販売する機器ですし、機能性が高く丈夫で故障の心配がないので、ぜひ「MiT7000」への乗り換えを検討してみてください。

TOPへ戻る

TOPへ戻る

無線機レンタル会社 販売総合ランキング
IP無線機専門会社徹底比較ランキング
IP無線専門会社無料診断

失敗しない!
レンタル無線機の選び方

無線機の基礎知識

シチュエーション別
無線機の活用事例

IP無線機の導入事例

IP無線専門会社の選び方

安心と実績で評判の
無線機レンタル会社ランキング