知って使おう!無線機レンタルサービス

無線機レンタルサービスの基礎ポイント

無線機やトランシーバー、インカムなどのレンタルサービスを利用する目的は、イベントやレジャー、仕事などで仲間同士一度に連絡を取り合う事ではないでしょうか。個々に連絡を取るのなら携帯電話で十分ですよね。携帯電話では一度に全員に指示を出すことはできません。企業や会社などでは、建設現場や工事現場で使用されたり、大規模な展覧会、パーティーなどでも良く使用されています。

最近では、個人的なイベントやアウトドアレジャーにも使用されている無線機やトランシーバーは、とても便利なものとされています。ただ、実際に購入するのは高額ですし、毎日使うものではないため、レンタルサービスを利用している場合がほとんどです。

そこで、ここでは、無線機レンタルサービスの基礎知識として、無線機の種類や、レンタルサービスを利用するメリット、無線機レンタルサービス会社を選ぶコツ、無線機を使用するにあたっての免許について、レンタルサービス会社のサポート、について、そしてシチュエーションごとにオススメの機種などを詳しく解説しています。

無線機の種類、違いを知ろう

■特定小電力無線機

特定小電力無線機とは、小型のトランシーバーのことを指しています。主に近距離で使用する場合に適しているものです。弱い電波を使って音声通話をするトランシーバーであり、小規模から中規模のイベント会場で利用されることが多いようです。特定小電力無線機を使用する場合に免許は必要ありません。そのため、幅広い利用用途があると人気となっている機種です。ただ、弱い電波を使用するため、障害物があるような場所で利用すると電波がさえぎられることもあります。また、利用者が比較的多く、使いたいチャンネルが混雑している恐れがあるため、緊急性のある場合には向いていないかもしれません。購入するにしても比較的安価なため、頻繁に使用する方はレンタルではなく購入してしまう事もあるようです。

■デジタル簡易無線機

広域用の無線機としてクリアな音声で通話することの出来るタイプがデジタル簡易無線機です。豊富なチャンネル数があることや、ユーザーコード通信を行うことができるため、企業や現場で利用するのに向いています。また、重要な連絡を行う場合、無線機だとその情報が漏れてしまわないか心配ですよね。このデジタル簡易無線機なら、秘話キーと言う機能がついているため、情報が漏れる危険性が低くなります。ただ。デジタル無線機は、簡易的なものでも、免許局や登録局の申請が必要とされています。申請とは言っても今はとても簡単な手続きで済むため、手軽に使用することができます。この申請をレンタルサービス会社の方で行ってくれる場合がありますので、利用するレンタルサービス会社に問い合わせてみることをオススメします。

■デジタルMCA無線

遠距離用の業務用無線がデジタルMCA無線です。性能の優れたものならば、全国範囲で使用できるため、業務用として利用されています。消防署や運送業、宅外業者、そしてタクシーやバスなど、遠距離で情報を共有する必要のある業種で使用されることが多いと言って良いでしょう。非常に強い電波をしようするため、必ず免許が必要になります。

MCAとは、簡単に言うと通信システムの名称です。中継器は20チャンネル持っているため、混線することなくあいているチャンネルを自動的に接続して通信してくれます。要は、タクシーの運転手が使用している無線機の事だと理解しておけば良いと思います。あまり個人的にレンタルする方はいらっしゃいませんが、レンタルサービス会社に在庫されている無線機を代表するものです。

※こちらの記事も参照してみてください。
代表的な無線機の種類

買うじゃダメ?レンタルサービスを使うメリット

■コストを削減できる

無線機を購入するではなく、レンタルする一番大きなメリットがコストの削減です。イベントや博覧会など、年に数回しか行われない行事に使用するだけなのに、必要な分全てを購入するとなるとかなりの出費になるでしょう。比較的安価とされる特定小電力無線機でも数を揃えるとなると相当なコストが発生します。個人的なイベントやレジャーで無線機を必要とされる方は、レンタルが一番だということが分かりますが、企業も同じなのです。年に数回しか使用しないのに、大金を使って購入するのはもったいないと考えるからです。確かに必要経費かもしれませんが、年数回しか使用しない、大量購入した無線機の元を取れるのはいつになるかを考えると、絶対的にその都度レンタルした方がお得なのです。

■本購入前の試験使用

企業などで実際に無線機を本購入する前に、試験的に利用するのがレンタル無線機です。実際に購入する前に、無線機を使用するとどの程度効率よく仕事ができるかを計るためです。本購入してからやっぱり必要なかったなんて事も考えられるため、レンタルで一度試験的に使用して様子を見る企業が増えています。無駄を出さないこの手段は、レンタル無線機のメリットだと言って良いでしょう。また、個人の方でも、実際に購入するか決める前にレンタルを利用して購入を考える場合もあります。アマチュア無線の場合は機材全てを揃えるのに10万円以上も掛かるんですよ!大金を払って揃えてから自分に機種が合っていなかったなんてあり得ませんよね。レンタル無線機を使用して自分に合ったものを選び、実際に購入すればそういった事がないでしょう。

■メンテナンスや管理が不要

実際に無線機を購入してしまうと、メンテナンスや管理が非常に面倒です。特に企業などで大量に購入した場合、それをメンテナンスしたり管理するために業者に依頼しますよね。それだけで経費が掛かってしまいます。業者に依頼せずに自社でメンテナンスや管理をしようとしても精密機器のため自信がないなんて話も良く耳にします。

レンタル無線機なら、面倒なメンテナンスも管理も一切必要ありません。必要な時に借りて、不要になった時に返すだけ!返却するに当たり、メンテナンスをする必要は一切ありません。仕事の効率を上げるにも、絶対的にレンタルした方が便利だといえるでしょう。また、実際に購入してから故障してしまったら?それが保証範囲内だったらまだ良いけれど、そうでない場合、修理費用や買い替え費用が掛かってきます。レンタルなら、保証サービスを利用すれば壊れてしまっても追加費用が掛からないので安心です。

※こちらの記事も参照してみてください。
無線機レンタル会社を使うメリット

無線機に使用免許は必要なの?

■無線機に免許は必要なのか

無線機やトランシーバー、インカムを使用する場合は免許が必要なのでは?という質問が無線機レンタル会社に多く寄せられています。確かに、免許は必要な無線機もあるのですが、レンタルされている無線機の中で特に人気のある特定小電力トランシーバーと呼ばれている種類なら免許は必要ありません。無線機レンタルサービス会社で主として貸し出しているものがこのタイプのものなため、安心してレンタルすることができるでしょう。

免許不要な小型トランシーバーは、扱いもとてもシンプルで簡単です。初心者でもすぐに使えるため、さまざまなシーンに活躍できるでしょう。無線機レンタルサービス会社で取り扱っている物の中には、免許が必要なものもあります。ただ、それは必ず免許の可否をレンタル会社側が教えてくれるので、心配する必要はありません。

■業務用無線機とは

企業で主に使用することの多い無線機が業務用無線機です。仕事の効率を図るために利用することが多く、特にホテル業やレストラン業で良く使用されています。常時使用する企業はレンタルではなく購入しているのですが、イベントや展覧会など年に数回しか無線機を必要としない企業はレンタルサービスを利用しています。そのため、無線機レンタルサービス会社では、業務用の無線機も多数取り揃えているのです。

~業務用無線機の種類~
■簡易無線機
最も簡単であり、ポピュラーな無線機です。簡易無線機を使用する場合は免許が必要なく、簡単な手続き(申請)をするだけで利用することができます。
■MCA
エムシーアクセス無線機(MCA)は遠距離用の無線機です。タクシー会社やバス会社、運送会社などが導入しています。

■インカムとは

インカムとは、ヘッドホンとマイクが一緒になっており、良く電話オペレータが使用しているものを指しています。手ぶらで通信ができる事や、騒音の中でもクリアな音で通信できるため、イベント会場やコンサート会場でよく使用されています。インカムは無線機レンタルサービス会社でも取り扱っています。免許の必要ない特定小電力無線機の一種なため、レンタルしたその日から利用することが可能です。現在では、ホテル業やレストラン業、ウェディング業界などで取り入れられています。インカムなら両手が空くし、他の作業をしながら通話ができるので、非常に便利だと採用されているようです。インカムを実際に購入するのにはコストが掛かりますが、常時使用する企業ならレンタルするよりも購入したほうが断然良いでしょう。

※こちらの記事も参照してみてください。
使用するのに免許は必要?

気になるサポート体制を知ろう

■無線機レンタル時の保証

優良な無線機レンタルサービス会社では、レンタル商品である無線機やトランシーバー、インカムなどを貸し出す前と返却後にきちんとメンテナンスを行っています。そのため、不具合があり使用できないというトラブルはあまり報告されていません。しかし、レンタルし、使用途中に誤って落としてしまったり、水没させてしまい、故障させてしまう事が考えられます。優良なレンタルサービス会社では、オプションで安全保障が用意されています。レンタルする前に安全保障をつければ、万が一壊してしまっても追加料金0で返却することが可能です。そういったサポートサービスがあれば、安心して使用することができますよね。もし仮に保証がなく壊してしまった場合は、通常実費で修理もしくは買い換えなくてはならない決まりになっているでしょう。

■24時間365日対応のサポート

無線機レンタル会社の中には24時間364日対応でお客様を万全の体制でサポートしているところがあります。大抵そういったサポートを行っている会社は全国対応をしているため、いつでもどこに居ても無線機が必要な時にレンタルすることができるので非常に便利です。また、イベントや展示会などで利用される方の中には、深夜や早朝に無線機を利用される場合がありますよね。もしその際に不具合が起きても24時間365日対応のサポートを行っている会社であれば、すぐに連絡をすることができるでしょう。お客の立場に立って万全の体制でサポートを行っている無線機レンタル会社を選べば、いつなにがあっても安心して利用することができるでしょう。

■免許申請代行サービス

無線機の中には使用に当たり、免許申請が必要な場合があります。電波の強さによって必要かそうでないかが決まるのですが、業務用とされる無線機は大抵の場合免許が必要になります。ただ、無線機の種類によって免許の種類に違いがあるため、正直面倒だと言えるでしょう。そんな面倒な免許申請を無線機レンタルサービス会社が代行してくれるのです。もちろん別料金にはなりますが、申請に必要な時間と労力を考えれば、代行してもらうのが一番です。全て任せてしまえば、無線機が届くのを待つだけですからとても楽ですよ。ただ、中には免許申請代行を行っていないレンタル会社もあるので、事前に確認が必要になります。仮に免許を持っていたとしても、有効期限があるため、無線機をレンタルする前に免許の有効期限を確認しておきましょう!

どんなシチュエーションで活躍?オススメ無線機

■イベント会場で使用したい!

屋内、屋外など色々なイベントに便利に活用できる無線機。広い会場では、スタッフが同時に連絡を取り合う手段としてトランシーバーやインカムが良く使用されています。駐車場係り、運営係り、誘導係りとイベント会場ではたくさんのスタッフが来場したお客の対応をしていますよね。そんな現場に最適な無線機はトランシーバーです。屋外の場合は、防水加工が施された高出力のトランシーバーがオススメです。屋外のイベントでは色々な天候が予想されます。雨の場合は中止になると思いますが、突然の雨に対応できるのが防水加工が施されたものです。また、風が強く普通のトランシーバーでは聞き取り難いことも考えられるため、その場合は、マイクイヤホンをオプションで利用すると便利です。

■飲食店やホテル業務で使用したい!

飲食店やホテル業務、ウェディング業務というように、広い建物内で同時にスタッフ同士が連絡を取り合うために無線機を使用する場合は、業務用のトランシーバーやインカムがオススメです。業務用のトランシーバーは、強い電波を使用するため、大切な業務連絡で混線する恐れが少ないからです。また、両手を塞がずに作業をしながら通信をおこないたいと言う場合は、インカムがオススメです。インカムなら、いちいち作業を中断しなくても会話をすることができるし、業務連絡を逃すことがありません。最近では実際に飲食店やホテルなどで従業員がインカムを利用しているのを目にします。仕事の効率を考えて導入しているのでしょう。おそらく、これから更にインカムやトランシーバーを導入する企業が増えることでしょう。

■アウトドアレジャーで使用したい!

バイクツーリングやキャンプ、スキーやスノーボードなどアウトドアレジャーで無線機を利用する場合にオススメなのが、防水加工が施されたトランシーバーです。アウトドアですから、屋外で利用することがほとんどだと思います。そうなると、防水加工の他、ほこりなどにも強い軽量化されたものがオススメです。

仲間とバイクのツーリング楽しむ場合、走行中に携帯電話の使用はできませんよね。トランシーバーならバイクに括り付けておくことができるし、オプションでマイクイヤホンを利用すれば、走行中でも仲間同士連絡を取り合うことが可能です。スキーやスノーボードでは、仲間と一緒に行ってもはぐれてしまいがちですよね。仲間同時、どこにいるのか確認しあうのにはやはり防水加工が施された衝撃に強いタイプのトランシーバーがオススメです。

※こちらの記事も参照してみてください。
シチュエーション別・オススメの無線機

無線機レンタルサービス業者を選ぶコツ

■豊富な実績を誇る会社を選ぶ!

無線機やトランシーバー、インカムなどをレンタルしようと考えた時に一番困るのがレンタルサービス会社選びではないでしょうか。インターネットで検索するだけでもかなりの数のレンタル会社がヒットします。その中から信頼できる会社を選ぶのは中々大変です。そこで、ここでは、無線機レンタルサービス会社を選ぶコツを紹介していきます。

まず、無線機レンタルサービス会社を選ぶ際は、その会社の実績を確認しましょう。レンタル会社としてだけではなく、できれば、長年無線機を販売している実績のある会社が好ましいと思います。長年無線機を扱っている会社なら、知識が豊富なスタッフが多く在籍しているでしょうし、何よりアフターフォローがしっかりしていると言えるからです。また、どんな取引先としてどのような企業があるかもチェックするべきだと思います。優良な企業などとの取引があれば、それだけ信頼できるといえるからです。

■万全のサポート体制が整っている会社を選ぶ!

無線機やトランシーバー、インカムを貸し出すレンタルサービス会社は、ただ単に貸し出すだけが仕事ではありません。レンタル中も、レンタル後もしっかりとしたフォロー体制が整っている会社かどうか見極めるには、一度レンタルする前に問い合わせをするとある程度分かると思います。使い方、レンタル方法、返却方法など丁寧に分かりやすく説明してくれる会社なら信頼できます。特に初めて無線機をレンタルする方によって、一番心配なのがその使い方ではないでしょうか。貸し出すだけで何のフォローも無ければ、使い方も教えてくれない、そんな会社からは絶対レンタルしたくありませんよね。インターネットに良くある口コミなどを見ると、その会社の評価や評判を知ることができるので、実際にレンタルする前にチェックしてみると良いと思います。

■保有機種・台数の多い会社を選ぶ!

即日対応などスピード対応してくれる無線機レンタルサービス会社は、決まって保有機種や台数を多く在庫しています。必要な時に必要な分だけ、お客の要望に応えるために、保有機種や台数を取り揃えているからです。小さなレンタルサービス会社だと、中々そういったお客の要望に応えられないことが多いと言えるでしょう。

また、使用するシチュエーションを相談することで、最適な機種を提案してくれる会社なら初心者でも安心して借りることができるのではないでしょうか。無線機を使うのが女性だったり、全く知識のない場合、どれを借りて良いか分かりませんよね。そのような用途で使用するかを使え、それに対応できる機種を提案してもらえれば、快適に使うことができるはずです。

※こちらの記事も参照してみてください。
結局、どんなレンタル会社を選べばいいの?

TOPへ戻る

TOPへ戻る

販売ランキング
IP無線比較
IP無線専門会社無料診断

失敗しない!
レンタル無線機の選び方

無線機の基礎知識

シチュエーション別
無線機の活用事例

IP無線機の導入事例

IP無線専門会社の選び方

安心と実績で評判の
無線機レンタル会社ランキング