オンライン・ライブ配信に対応できる無線機「BRIDGECOM X5」のメリット・デメリット

オンライン・ライブ配信に対応できる無線機「BRIDGECOM X5」のメリット・デメリット

新型コロナウイルスの影響で外出できない状態が続く中、オンライン・ライブ配信の人気が高くなっているようです。ライブ配信なら自宅にいながらたくさんの人と繋がることができるので、退屈な隔離生活を解消することができるでしょう。

しかし、オンライン・ライブ配信にはインターネット環境が必要なので、プロバイダと契約していない方は動画配信をすることができません。また、回線の契約をしていてもWi-Fiがなければ自分の部屋で撮影できないといった問題も出てくるでしょう。

そんなときは、複数の人と同時に会話ができて離れた場所でも通信ができる「無線機」を使う方法があります。今回は、オンライン・ライブ配信に対応しているおすすめの無線機「BRIDGECOM5」をご紹介していきます。他にも、インターネット配信や無線機を使ったライブ配信のメリット・デメリットもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

インターネット配信のメリット・デメリット

インターネット配信のメリット・デメリット

一般的なオンライン・ライブ配信はインターネット環境を使って行うため、プロバイダとの契約や無線で利用する場合はWi-Fiの設置が必要になります。また、ライブ配信をされる方によっては30分ほどの短い動画だったり、数時間以上の配信を行ったりなどさまざまなので、快適に動画配信をするのであれば必要不可欠です。

しかし、インターネット配信にはメリットだけでなく、契約回線によってはデメリットになる場合があることを知っていますか?ここでは、インターネット配信のメリット・デメリットをまとめてみました!

光回線やモバイルWi-Fiなら快適なライブ配信ができる

通信速度の速い光回線やモバイルWi-Fiなら、映像がカクつく・止まる、または音声が突然途切れるなどの心配がないといったメリットがあります。また、スマートフォンで撮影する場合は通信料を気にする心配がないので、長時間のライブ配信を楽しめるといったメリットがあります。

最近では新型コロナウイルスの影響でライブ配信だけでなく、オンライン飲み会などインターネットを使った人との交流が人気を集めています。オンラインでの活動は長い時間を使うことが多いので、快適な環境を整えるのであればインターネット通信は大きなメリットになります。

4G回線の場合は映像や音声に影響が出る

同じインターネット通信でも、契約している回線によってはデメリットになってしまいます。もしも契約している回線が4G回線だという方は、ライブ配信を行うとカクカクとした動きが配信されたり、しゃべっている声が突然途切れて視聴者に届かなかったりなどのトラブルが起きやすいです。

この場合は契約回線の光回線に変える、またはモバイルWi-Fiに変更することで改善できますが、面倒な手続きが必要になるでしょう。そのため、インターネット配信でも回線次第ではデメリットになるので、始める前に確認しておきましょう。

無線機のライブ配信のメリット・デメリット

無線機のライブ配信のメリット・デメリット

無線機の本来の使い道は、仕事でスタッフ同士が連絡を取り合う際に便利な機材として使用されています。そんな無線機は遠く離れた場所からでも通信することができるだけでなく、インターネット回線やWi-Fiがなくてもお互いに連絡を取り合うことが可能!

しかし、無線機を使ったライブ配信にもデメリットがあるため、いざ初めてみると「こんなはずじゃなかった…」なんてことになるかもしれません。ここでは、無線機のライブ配信のメリット・デメリットをまとめているので、一つひとつ見ていきましょう。

インターネット環境がなくても配信できる

無線機を使えばインターネット環境がなくてもオンライン・ライブ配信が可能です。無線機を用意する必要がありますが、最近ではレンタルサービスを利用して格安で使用することができるので、少ない出費でライブ配信を始めることができるでしょう。

また、無線機は「MCA無線機」「IP無線機」の2種類があり、IP無線機であれば通信距離が無制限なので、どこにいてもライブ配信が可能といったメリットがあります。さらに、防水機能が搭載されたものもあるので、自由に外出ができるようになれば屋外での配信にもおすすめです。

自分はもちろん相手も無線機を用意しなければならない

無線機を使ったライブ配信のデメリットは、自分だけでなく相手も無線機を用意しなければならないことです。離れた場所でも通信ができるので便利ではありますが、ライブ配信のためだけに無線機を購入する方は少ないでしょう。

また、ライブ配信は誰もが持っているスマートフォンでも配信・視聴が可能なので、現時点ではあまり需要がないようです。しかし、「インターネット回線がない」「通信料を気にしたくない」という方にはおすすめの機材なので、これからオンライン・ライブ配信を始める方は1つの手段として検討してみてはいかがでしょか?

新型コロナウイルスの終息の目途が立たない今、まだまだ隔離生活が続くと考えられます。購入ではなくレンタルならお得な料金で利用できるので、新しいライブ配信の方法として広めてみてはいかがでしょうか?

無線機なら「BRIDGECOM X5」がおすすめ!

株式会社ベアリッジの製品「BRIDGECOM X5」は、5人までの同時会話と最大100人までの傍聴が可能な無線です。同時会話できる人数は少ないですが、傍聴できる人数が多いので、オンライン・ライブ配信にも十分活用することができるでしょう。

また、サイズは高さ98㎜、横幅49㎜とコンパクトなので、置き場所に困らず持ち運びにも便利です。機能性としては超高性能なノイズキャンセリングが搭載されているので、騒音が気になる状況でも快適な通信が可能。

駆動時間は約10時間もあるので、長時間のライブ配信でも問題なく使用できるでしょう。さらに、こちらの機器は別売りでイヤホンマイクやヘッドセットもあるので、併せて使用すればライブ配信を快適に行うことができます。

しかし、こちらの機器は通信距離が最長300mと制限があるので、あまりにも離れた場所での通信ができません。そのため、距離を気にせずライブ配信を無線機で行う場合は、IP無線機の利用をおすすめします。

無線機のレンタルは種類が豊富なエクセリがおすすめ!

ライブ配信を無線機で行う場合は機器の購入が必要ですが、価格が約10万円と高額なので、気軽に購入するのは難しいでしょう。しかし、レンタルサービスを利用すればお得な料金で無線機を借りることができます。

しかし、レンタル業者によっては品ぞろえが少なく、目的の機器をレンタルできないことがあるので、業者選びに困ってしまうもの。そこでおすすめするのが豊富な種類の無線機を取り扱っている「エクセリ」です!

エクセリなら先ほどご紹介した「BRIDGECOM X5」も取り扱っていますし、最短1日からのレンタルが可能です。試しに無線機でライブ配信をやってみたいという方でも気軽に利用できるサービスなので、無線機のレンタルを検討する方にはおすすめの業者です。

また、エクセリならイヤホンマイクやヘッドセットなど、持っていると便利なアクセサリのレンタルも行っています。無線機を使ったオンライン・ライブ配信に必要な機材を一式そろえることができるので、ライブ配信を始める方はぜひエクセリを利用してみてください。

TOPへ戻る

TOPへ戻る

販売ランキング
IP無線比較
IP無線専門会社無料診断

失敗しない!
レンタル無線機の選び方

無線機の基礎知識

シチュエーション別
無線機の活用事例

IP無線機の導入事例

IP無線専門会社の選び方

安心と実績で評判の
無線機レンタル会社ランキング